ホーム > 会社概要

会社概要

株式会社 見方の会社概要とこれまでの歩み(沿革)を、ご覧ください。
「みかた」の味わいは、新鮮さそのままに全国へ。
全道各地をはじめとし、全国の主要都市へ
独自の輸送システムを完備。
全国のお客様からのご要望に
誠意をもってお応えしています。
会社名
株式会社 見方 (カブシキガイシャ ミカタ)
本 社
〒061-1274
北海道北広島市大曲工業団地2丁目1-3
設 立
昭和35年1月
資本金
4,500万円
代表者
代表取締役 見方 孝至 (ミカタ タカシ)
従業員数

340名(繁忙期10月〜12月は380名体制)

業 種
調理食品製造業
事業内容
和食・魚肉練製品・洋食・エスニック・中華・寿し・パイ・デザートの製造販売
事業所
[本社]
〒061-1274
北海道北広島市大曲工業団地2丁目1-3
TEL: 011-376-2277
FAX: 011-376-2207

直営店・店舗

[北のシェフ 美しが丘店]
〒004-0813
北海道北広島市大曲柏葉3丁目1-2
TEL:011-370-3200
FAX:011-370-3220

[北のシェフ 北海道ロコ店]
北海道北広島市大曲幸町3丁目7-6
三井アウトレットパーク札幌北広島店
北海道ロコ内

取引銀行
北洋銀行 清田区役所前支店
北海道銀行 清田支店
これまでの歩み
平成29年4月
北のシェフ直営店、本社工場前の仮設店舗を移転、北広島市大曲柏葉3丁目(本社工場向い側)にて新設オープン。
平成28年10月
クリーンルーム(おせち充填作業室)の瞬間冷凍庫を3Dフリーザー(古賀産業(株))へ交換。
従来の凍結機より1.3倍の収納と凍結時間が約半分に短縮・処理する事が可能となる。
平成26年8月
札幌市中央区の第二工場−寿司部門を本社工場(和食調理部)へ移転する。
平成25年6月
イベント・催事・物産展等などの商品を開発・企画・販売する「特販部」を設立する。
平成24年7月
各製造部門にエックス線異物検出機を導入。
平成23年3月
三井アウトレットパーク内の北海道ロコにて「北のシェフ」をオープン。
平成22年8月
札幌市清田区美しが丘 アーキビジョン21展示会場内にて「北のシェフ」工場直営店をオープン。
平成21年9月
創業60周年を迎えました。
平成21年5月
パティシェール調理部の新増築、クリーンルーム専用解凍庫の新設、及び安全監査部とセットアップルームの増設及び移設を行う。
平成20年3月
「北のシェフ」ブランドとして道産食材を中心とした一般ユーザー向けへの商品開発及び販売を開始する。
平成19年11月
15年目を向かえた社屋の外壁工事を行う。
平成19年5月・8月
5月にコンプライアンス委員会の設立準備
8月に外部委員3名による委員会の運営を開始。
平成17年10月
本社工場に従業員駐車場として1,000坪の敷地を購入。
平成16年6月
本社工場に1000m2(1000パレット)の冷凍保管庫を増築し3階には福利厚生施設の従業員食堂及び休憩室(喫煙禁煙室)を新設。
又、クリーンルーム(充填・盛り付け室)を従来の3倍の広さに新増築する。
平成14年11月
本社工場に98%無菌室環境にするクリーンルームを新設し御節をメインとした充填・盛り付け室として製造開始。
平成20年12月までの実績として55,000セットを盛り込む
平成11年8月
各部門の凍結システムをショックフリーズシステムに変更。
平成9年8月
本社工場に400m2(300パレット)の冷凍保管庫を増築。
平成4年6月
旧本社工場に寿司部門を移設し第二工場に名称変更。
従来の第二工場跡地は従業員駐車場とする。
平成4年5月
北広島市大曲工業団地2丁目1−3に本社工場を新築
和食・洋食・中華・パイ・デザート、管理部門・品質管理室(細菌検査室)を移転集結する。
平成2年9月
北広島市の本社工場移転準備により札幌市白石区菊水8条3丁目に菊水工場を開設。
洋食・中華・パイ・デザート・細菌検査室を移転する。
平成元年11月
札幌市中央区南8条西8丁目に第四工場を開設。
デザート部門(フローズン)を移設。
昭和62年9月
株式会社に組織変更し会社名を「株式会社見方」とする。
昭和61年6月
札幌市中央区南6条西8丁目に第三工場を開設。
寿司部門を新設し製造開始。
昭和62年4月
札幌市中央区南6条西8丁目、第三工場2階において細菌検査室を新設し業務開始。
昭和61年4月
札幌市中央区南7条西9丁目 東屯田通りに第二工場を新設・移転。
パイ・デザート部門移転、洋食・中華部門を新設し製造開始。
昭和60年9月
札幌市中央区南6条西8丁目に第二工場を開設。
パイ・デザート部門を新設し製造開始。
昭和57年7月
札幌市中央区南7条西9丁目に本社工場を移転。
和食部門として製造開始。
昭和35年1月
有限会社に組織変更し会社名を「有限会社見方蒲鉾店」とする。
昭和24年9月
創業者 見方健一が、札幌市中央区南6条西8丁目にて「蒲鉾の見方商店」を創業。
ページ上部へ移動[↑]